--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.28 Superfly Box Emotions tour 2009
20091128014008
ああもう!超楽しかった!
Superfly最高じゃ!

志帆ちゃんの圧倒的にパワフルな歌声に酔いしれた。
オカヤマでは珍しいほど盛り上がって、
シャウトしまくり、踊り狂って、一瞬いろんなことがどうでもよくなるほど楽しかった。
ライティングもめちゃめちゃ凝ってて、ライブを盛り上げる。
シルエットが大きく浮かび上がるオープニングから、何から何まで全てがかっこよかった。

あーあーあー。
ほんとに力のある、伸びやかな歌声。
話してるときのゆったりしたペースとギャップがあってそれもまた可愛い。
「やさしい気持ちで」はささくれだった心が柔らかくオープンになるようで。
「春のまぼろし」では胸をぎゅっとつかまれて聴き入ってしまった。
拍手が鳴り止まなくてそれにも感動。
「愛に抱かれて」は志帆ちゃんにとっても大事な曲と知って嬉しかった。
みんなの明日が晴れ渡るように、って心が温かくなったよ。
最後の「Best of my life」ではただ、ただもう…言葉もないほど素晴らしかった。

ほんとに志帆ちゃんの様々な感情がたくさん詰まったライブ。
ネガティブな感情も含めて、
もしかしたら今しか感じられないかもしれない感情を大事にして歌い上げていて、
何かとても救われた。

みんなからパワーをもらった、と言ってたけど、
私もSuperflyや満員のお客さんからパワーをもらったなぁ。
すごーく楽しかった。ありがとう。
初めてのオカヤマLIVEに参加できて良かった。
またいい歌、聴かせてね。
スポンサーサイト
2009.05.24 心の洗濯
土曜日は北に車を走らせてきた。
ずっと行きたかった、さをり織り体験。

私が住んでるとこも田舎だけど、
緑の量が全然違うし、ながれている空気も違う。
最初は道の狭さと概観にびっくりしたけど、
咲いてる花や、その辺歩いてるチャボとか、光溢れるテラスとか、中のインテリアとか、
なんと言ってもゆったりした時間が、すごく心地よかった。

教えてくれた先生がこれまた、素敵な人で、
道に迷って遅れた私たちを、冷たい飲み物とあたたかい物腰で迎えてくれた。
立ち入ってこないのに、かといってまったくよそよそしくなく、
さをり織りの良さを一生懸命教えてくれて、私たちを受け入れてくれる。
バランスが絶妙だった。
何やっても誉めてくれるし、あまり考えずにすきにやったらいいのよって、さをり織りは自由なんだと分からせてくれる。
やっぱり配色とか、調和とか頭で考えてしまうのは、残念ながら大人だなーと思った。
けど、もっと感覚で生きていいんだ、という気になった。
それに集中してると、無心になれた。
普段頭で考えてるばかりだから、解放された気分。

がんばって作業したら、お腹がすいて、
作ってくれたランチがこれまた想像を絶するおいしさ。
自然の中で食べるものは、普段カフェなんかで食べているものとは全く違う味。
彩りも美しくて、手作りのできたてで、私たちのためだけに用意されているものが、
こんなに心を満たすものだとは知らなかった。
量は少なめだったけど、十分に満たされた。
「いつもみたいにパフェ注文しようとか思わないよね」と友達が言って、その通りだと思った。
こんなの食べたら、余計なものは食べようとは思わないし、
街にあるカフェがちゃんちゃらおかしくなった。

運転も長かったし、さをり織り一生懸命やったから疲れたけど、心地よい疲労感。
心の洗濯できました。
よければまたいらっしゃい、と誘われた。
またいくと思う、たぶん近いうちに。
2009.03.15 山崎まさよし“Walkin' in my shoes” Tour 2009
20090319214407
へいへーい。
むふふのふー。

行ってきました、まさやんライブ。久しぶりだー。
はぁーまだ夢のよう。もう、最高でした。
なんて楽しいライブなんでしょう。
まさやんも「今日はアットホームですねー」としきりに言ってたけど、
本当にその通りで、お客さんの年代も幅広くて、あたたかで楽しい!ライブでした。
まさやんもこの雰囲気が「大好き!」って笑顔で言ってくれて、すごく嬉しかった。
きゃー。
お客さんはみんなまさやんたちが大好きで仕方なくて、
まさやんたち3人は音楽が大好きで、ライブが楽しくて楽しくてしょうがなくって、
音楽に一切妥協はなくて、お客さんの熱気にそのときのすべてで応えてくれてるのが、びしびしと伝わってくる。
まさやんたちが自然体だから、無理して盛り上がろうとかそういうのは全くなく、
みんなが気持ちよく、ゆったりと、かつ熱く盛り上がれるのがすばらしい。

「みんなが知らない(笑)」新曲も多かったけど、それも良かったし、
懐かしい曲が聴けたのもすごく嬉しかった。
LIVEでしか聴けないアレンジもたくさんでああもう楽しい。
大好きな「振り向かない」、イントロでブルースハープがめちゃ鳴って。
音が綺麗に伸びて生きてるみたいで、すごくぐっと来た。
新曲の「春も嵐も」も好き。
早くちゃんと聞きたい!新曲がたくさん。
「セロリ」や「晴男」ではみんなが手を振る様子がライトに照らされて、
やっぱりめちゃめちゃ綺麗だった。
「セロリ」は本当なら予定外だったらしく、
その日のあったかな雰囲気を感じて、急に変更してくれたんだって!
うーん、幸せ!そんなまさやんたちが大好きです。

ギターをかき鳴らし、ブルースハープを吹き鳴らす姿はとにかくカッコイイし、
深い歌声にはとろけそうにしびれる。おとなの色気むんむん。
だけど、しゃべるとおもしろくて、少年のようにかわいい面もあって。
なんなの、このギャップ。もうめろめろです。

「ありがとうございました。山崎まさよしでした!」がまた聞けて、
ほんとにこの日、ライブに参加できて良かったなぁって思った。
はるばる行ったかいがあったなぁ。

明日はうちの地元でのライブ。
今ごろまさやんがこの地にいるのねーと思うと居ても立っても(笑)
仕事だから行けないけど、やっぱり行きたくなってしまった。
明日も楽しいライブだといいね。
また来年も行きたいな。
やっぱりLIVEは最高です!
まさやんーありがとう。

追記はいろんなレポを参考にさせてもらったセットリスト(覚え書き)
2008.07.27 Set Stock ’08
20080728103403
昨日、初参戦してきましたー。
夏の野外フェス自体初めてだったからどんなものかと思ってたけど、
めちゃ楽しかった。
あの開放的な感じはなんだろう。
何万人もが一体となって熱狂する。
なのに自分のペースを乱されることなく、まったりゆったり過ごすことができる。
よく晴れて、ものすごく暑かったけど、
あの広い青空の下で、芝生に座って、音楽を楽しむ。
贅沢なこと。
ああー気持ち良かった。

個人的には、ゆずの夏色で
1、2、1、2、1、2、3、わー!!ってやるのが昔からの夢だったので、
それが近くでできてすごい嬉しかった。
青春ですものー。
ゆずは夏の青空が似合う。悠仁の爽やかな笑顔にきゅんきゅんでした。
スピッツも大好きなアーティスト。
自分の写真のイメージでなぜかよく出てくる。
雰囲気ゆるい感じでマサムネ可愛いすぎました。
まさか渚が聞けるとはー。
さらに民生さんフィーチャーでさすらいを聞けるとはー。
夏フェスバンザイです。
あとね、大好きな歌うたいのバラッド。
櫻井さんのカバーで好きになったけど、
斎藤さんの歌声が聞けて嬉しかったなー。


思ったより疲れなかったし、くせになりそう。
(今日は1日じゅうゴロゴロしてたのはやっぱり疲れてたのか!?)
また来年も行きたいな。
今年ももう一個行きたいのがあるんだが、むずかしいかなー。
日程的にも誰と一緒にいくかも。
たぶん誰と一緒に行くかは結構重要。
多いほうが動きやすいし、何かと助かるような気がする。
やっぱり私はお祭り騒ぎが好きなんだろうな。
2008.06.13 一青窈ライブ
行ってきました。
実はあまりちゃんと聴いたことがなくて、
ハナミズキの人、くらいの知識で行ったんだけど、
なんか感動しちまいました。

いろんな意味で、すごい人だな、と思った。
自分で考えて、物事や人に向き合って、自分のことばで伝えて、
当たり前のことだけど難しいことを、丁寧にやって生きているなぁと。

一青さんは、なんで歌をうたうのか。
ライブの間中、それが聞きたいとずっと思っていたら、最後のほうで教えてくれた。
「伝えたいことがあるから」
シンプル。
今伝えたいことを伝えたい人に伝えよう。

やはり表現者なのだな、アーティストなのだな、と思う。
生きていくことはきれいなことだけじゃなくて、悲しみや苦しみもあって、
それを、等身大に受け止めて、
そしてその経験を通じて感じたことや考えたこと、
それを、自分のことばで伝えること。

しっかりと自分で歩いてる人の表現は、強い。
特に今日は「ハナミズキ」を聴いたとき、
何か目に見えないものがどわっと押し寄せてきてびっくりした。
楽曲自体がすごい力をもってる。
だからあれほど、受け入れられたのだろう。
多くの人に愛される理由は必ず存在するんだなと思った。

今日は心が震えるような「ハナミズキ」を聞けただけでも行ってよかった。
じわじわ染み込んだよ。
一青さんがいろいろ話してくれたこともよかった。
表現者としての一青さんを尊敬する。
私も自分の信念をもって、写真を撮っていたいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。