--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.31 幸福な食卓
2007_0131(012).jpg

「幸福な食卓」観てきました。

すごく悲しいような、でもなぜかすごくさわやかなような、
心がやわらかくなって、じんわりじんわり感動しました。
ラスト三分の一は、ものすごく泣いてしまって、涙が止まらなくて、苦しかった。
着ていったタートルのカットソーがぐしょぐしょになるほど。

Read more・・・
スポンサーサイト
2007.01.28 ぱたぱた
ここ数日、何やら忙しくしておりました。

水曜には、病院のため大阪へ。
帰りにネットで知った写真展と空中庭園に寄ってきました。
あれだけポラ熱が高まってたんだけど、今回の展示を見て、しばらく購入は見送ろうと思いました。
みんなが構築した世界を見るのがやっと、というか、私は私ができることをしようと思ったの。
ポラはまたきっといつかめぐりあえると思うから。

空中庭園は相当良かった。地上40階はとにかくめちゃ寒かったけど。
あと天気があまりすぐれず、夕焼けが見れなくて残念。
夜景はすごい迫力だった。
が、肝心の写真はぶれちゃって大失敗。なはは。

金曜は、学校とか図書館とか。
夜は後輩の赤ちゃんに会いに行った。
もーめろめろー。
赤ちゃんがあんなに可愛いものだとは!新鮮な喜びでした。
あのぬくもりと笑顔と声にもならぬ声。
たまらん。
すっかりお母さんしてる後輩にも感心。
私もこどもがほしい、と心から思った。

土曜は久しぶりに幼なじみとランチ☆
ほんとにこの子は変わらない。
会っていてやはり落ち着くなー。
小学校から高校まで同じだった唯一の友達。
感覚が似てるからかな、自然に振る舞って違和感なし。
すごく美味しい大満足のランチのあとは、プチ撮影会。
自分が撮るわけでもないのに、
何が撮りたいか聞いてくれて、いろんなとこ連れて行ってくれて(どんなマニアックな被写体でも)、
そんな友達、この子しかいない。
なんか感動してしまった。
しかーも、今日メールがあって、大掃除してて見つけた古いカメラをくれるんだそう。
状態見てないからまだ何ともだけど、フルマニュアルの一眼レフらしくってすごく楽しみー。
現状打破につながったらいいな。

夜は久しぶりのメンバーで鍋会。
車かっ飛ばして、新しい道を開拓しました。
やっぱり食べ過ぎたみたいで、帰って胃がもたれた(笑)

今日はわりとのーんびりー。
写真の整理に追われ、入力作業をし、ネットうろうろ、
で一日が終了。ちょっと悲しい。
まーいっかー。いろいろできたし。
明日は仕事だ。そろそろゆるりと寝よう。
2007.01.25 っていってたの(BlogPet)
bettieは
美容師さんも仕事の一部なのかもしれないけど、
こういう気遣いができる再生、いいなぁと思った。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ノワール」が書きました。
2007.01.21 再生
今日ものんびりまったりー過ごしてしまった。がぁぁー。
まぁいいか。

昨日の夜寝る前に読んだ本が良くって、なんか嬉しかった。
王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法
よしもとばなな (2004/01/30)
新潮社

この商品の詳細を見る

私はこの本好きー。
ばななさんは、敏感になってる人や弱ってる人、ちょっと人より不器用な人にあててこの本を書いたんじゃなかろうかと思う。
だから、再生に向けて準備している今の私にしっくり馴染むのかなーと。
登場人物が、みな孤独で優しい。それぞれが必要な役割をしてる。
ばななさんの小説は、いつも薬みたいなの。
しかも、自然から作られていて、バランスを調えるような。
これにもメッセージというか、大事なことがたくさんつまってて、
何度もはっとした。
すごく印象的だったのは、
「自分以外のものになんて、一生なれるわけないんです。自分を極めていくしかないんです。」
ってことば。当たり前なようなんだけど、ね。
普通であろうなんて思う必要なんてないのだ。

天国はまだ遠く 天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ (2004/06/23)
新潮社

この商品の詳細を見る

瀬尾まいこさんを読むのは、これでまだ2作目。
主人公が自殺を決意したにしては、なんだかのんきだけど、
あのふっきれ感、というのはリアルかも、と思った。
これも、再生への物語、という印象。
そのプロセスにすごい共感してしまった。
好きなタイプの本だなー。ひといきに読めました。

「幸福な食卓」がいつ行っても図書館になくて。
これから映画公開だからますます借りれないだろうなー。
映画観に行きたいです。
「マリー・アントワネット」はぜひ観たい。
2007.01.21 すっきり感
思い立って、髪を切りに行きました。
前さがりのボブ。
初めての髪型ですが、わりと気に入ってます。
かりあげてないワカメちゃんみたいな感じ(笑)
それにしても、なんで美容師さんがブローすると、あんなにさらさらこぼれるようになるのだろう。
私がやっても全然だめだー。

美容院っていいですよね。
今担当してくれてる人は、いろいろ細かくイメージを聞いてくれるから好きだ。
わからないことはちゃんとはっきりさせてくれる。
いろいろ注文をつけさせてくれる。

今日行ったら、美容師さんが、私が前好きだと言った楽器を覚えててくれてて、CDを焼いてきてくれてた。
スティールパンという楽器なのですが。
今聴きながら書いてるのだけど、アコーデオンとかクラシックギターとか口笛とのアンサンブルがなんとも緩くてきもちいいー。

美容師さんも仕事の一部なのかもしれないけど、
こういう気遣いができる人、いいなぁと思った。
だってすごく嬉しいもの。
さてスランプだけど、ここにはきだしちゃったってことで、
なーんか結構すっきりしちゃったというか。
状況的には何も変わってないのだけど。
で、何となく思ったのは、表現っていうのは、この痛みや苦しみを現すことなんじゃないかと。
すっきり感は、写真のほうで得られてほしかったなー。
でもblogのテンプレをすごくシンプルにしたおかげか少し吹っ切れた。

というわけでカスタマイズに時間がかかったりして、結局ずっとパソコンの前に居たわたし。
反省。
もっと本読みたかったなー。
2007.01.19 とりとめもなく
今週は一生懸命働きました。
四日も。
わーん、怒んないでー。
今の私にしては頑張った、と思う。

しかし今日は朝からお腹をくだしてぴーぴーだし、
今もなぜか胃が痛む。

昨日、ちょっと思い切って、憧れのフォトブロガーさんにメールしてみた。
すごく好きなのに、今まで声かけられなくて。
うむ、そういうとこが私っぽいな。
そしたらお返事くれて、すごく嬉しかったー。
私の写真も見てくださったらしく、感想もいただいて。
それが今まで言われたことがないことなんだけど、
すごく鋭くって、びっくりしました。

やっぱり、自分が出てるんだろうかなー。
で、思ったのだけど、
私は写真に自分というものが表れてるのかどうかという点で悩んでるんだなーと。
自分が見て感じることと、人が見て感じることは、
まるきり同じわけではないし、どちらも真実だ。

ただ楽しく、っていうのも絶対必要なことだし、今まで大事にしてきたつもり。
だけど、今になってへんに欲が出てきたのかもしれないな。
身を削って、と言ったらなーんだーこのくらいで、って思われそうだけど、
身を削って表現したいことが何かこん中にある気がする。
身を削りたいのか、むしろ。

っていっちょ前に言ってるけどー私はまだまだへなちょこだわ。
ただ、認めてほしいっていう合図なのかもしれないし、案外ほんものなのかもしれない。
ほんものだったらすごく嬉しいな。

目をしっかりみひらいて、まだまだ広くて大きな世界を見よう。
まずはそれからだ。

こうしてとりとめもなく書くのは楽しい。
頭の中が整理できる。
2007.01.18 表現するということ
って何だか大層に聞こえるけど。

要はまたスランプってことです。

何か自分の中にあるぐちゃぐちゃしたものとか、純粋なものとか、
適確なことばとかイメージとかで表したいんだけど、
それができなくて、苦しんでる感じかな。
たぶん、私のことだから自分でハードル上げちゃってるんだと思うんだけど、
でも、やっぱり満足いくものを出したいのね。

とは言っても、今まで出してきたものが、満足いくものだったかというとそうではない。

いろんなことがやりたいけれど、
それには物理的に制約がでてきちゃう、時間とかお金とか交友関係とか。
うーん、それも自分の心がけ次第か。
他のもののせいにしちゃ、いかんよね。

「表現にタブーはない」
タブーはないけど、私の場合、そもそも出てきてくれない。
今は時期が違うのかな。

それこそさっきオーラの泉で言ってた。
ポジティブっていうのは、悩んで考えて、次がんばろうっていう姿勢。
どんなにどろどろ落ち込んでも、大丈夫だ。

必要なのは、理性。
あんがいそういうものなのかも。
自分の中から何かを緻密に表現するには。

いやーな気持ちってのはもってても仕方ない。
やっぱり感情の扱いかたにはみんな困ってるってことだ。
でも私の場合は、捨てるっていうか、ちょっと脇にどいといてもらうって感じかな。

まだまだあがくよ。
とにかく前へ、撮り続けてみる。
2007.01.17 レントゲン
今年はじめの歯医者の日。
行ったら、増築がほぼ終わってて、すごーく綺麗になってました。
ちょっとした小さい上品なホテルのフロント、みたいな待合室に。
すっきりシンプル、あたたかな雰囲気で行くのが楽しくなりそう。
受付の人の制服も変わって、マニッシュなベージュのスーツ。
コンパクトなシルエットで可愛かったー。

今日の治療はこないだとあまり変わらず。
上下のセンターのズレを治すように調整しています。
1時間くらいで終了。

定期的に、レントゲンを撮っているのだけど、
今日も撮りました。
先生のお話によると、
1本の歯全体(つまり根っこもあわせて)の傾きが大事なんだそう。
だいぶ根っこのほうまでまっすぐになってきたんだけど、
レントゲンで見たら、何本かがえらい方向から生えていて、
どっひゃーという感じでした。

10月のレントゲンと比べたら良くなっているから、
また春のころにはもっと良くなっていると思われる。
「後半戦です。早くて3ヶ月くらいですよー」
先生に言われました。
器具が取れても、またリテーナー(保定器具)をつけるのだけど。
でも楽しみ♪
2007.01.14 六ヶ所村ラプソディー
20070114224528


友達に誘われて、「六ヶ所村ラプソディー」という映画を観ました。

青森の六ヶ所村に建設された、核燃料再処理工場についてのドキュメンタリーです。

六ヶ所村 ―聞いたことはあったけど、
今何が起こっているのか、私はまったく知らなかった。

淡々と、記録された、人々の声。
善悪の判断を押し付けられることなく、
事実が事実として伝わってくる。

誤解を恐れずに言えば、
何かに一生懸命になっている人の中には、
いいとか悪いとか関係なく、
そのことしか考えられなくなっている人もいる。

「子どもを食べさせるためだったら何でもする」
「核廃棄物を最終処分を受けいれる場所がないと困る」
「子どもたちの未来を考えた場合、現時点で出来ることは、核燃料システムの確立だ」
「六ヶ所村はビジネスチャンスの宝庫」

ひとつひとつは切実な意見なのかもしれない。
だけど、なんか違う気がする。

たしかに、
日本の電力の3分の1を、原子力発電に頼っているという現実は見過ごせない。
私たち全員がその恩恵にあずかっているわけだから。

使用済み核燃料の行く先。
角砂糖たった5個分で日本国民全員を死に至らしめるプルトニウム。
それが大量に作られ、貯蔵されるということ。
今年、工場が稼動すれば、空へ、海へ放射線物質が流されるということ。
それも、チェルノブイリの10倍もの放射線物質が毎日。

どのくらいの人が知っているのだろう。
知らないことがいちばんこわいこと。

この映画を見て、いちばん印象的だったのは、
「子どもたちに帰ってくる場所を残しておきたい」って言った人。
自分の原風景である、自然豊かな六ヶ所村。
やっぱりそこに帰ってきた自分。
同じように、未来のひとたちにも、
安心して帰ることができる安全な場所を。

帰る場所がなくなってしまうかも。
それって、こわすぎない??って思うのです。
なんかうまいことばとか思いつかないけど、
本当にぞっとした。

Greenpeace Japanさんの説明がとてもわかりやすいので、
リンク貼っておきます。
六ヶ所村核燃料再処理工場とは
核燃料サイクルって何よ?
リサイクルではない!―再処理の問題点―

「中立ということは、賛成だと言うこと」
ずきっとした。
私は何ができるのだろう。
夜空に、美しく金色に輝く三日月と、数え切れないほどの星を眺めながら、思った。
2007.01.09 ぎゃはぁ♥
なはははは。
むふふふふ。
のほほほほ。

はい、気持ち悪くてゴメンナサイ。

年賀状、返って来た!!
見覚えのある、綺麗で少しくせのある字。
私は元旦に着くように出したけど、返ってきたのは、今日。
たぶん今年はこいつがラストだなー。

でもいいの。
めっちゃうれしかったー!!
部屋でひとりながめてニヤニヤしちゃった。
あはー。

なんでこんなに嬉しいんだろうね。
家に帰ってくる途中で、来てるかどうか気になって、
どきどきどきどきした。

しかも、今年はそっちに行けるかな、だって。
ほんとに来るつもりなのかな。連絡くれるのかな。
真偽のほどはわかんないけど、
年賀状にそう書いてくれただけで私は嬉しいのだ。

今日は(も?)、職場がばたばたしてたりして、
なんかやたらめったら疲れてたけど、元気になれたよー。
威力抜群だー。
しかも、さっきかてきょの子が、
のだめ&千秋の画像と「ただ君」の玉木くんの画像を送ってくれた(笑)
はうーん。かっこいいー(ほれぼれ)。

ああ、私って単純だなぁ。
2007.01.06 もしや
これは、ノロ!?

お正月の不規則な生活と外食がたたってか、胃腸がおかしい。
昨日も今日もお腹がゆるいし、へんな感じ。
朝も昼もほとんど食べれんかったし、
夜ごはんの後からお腹が痛くてずっと寝ている。
あうー。

明日の予定があやしくなってきたぞー。
今日もままならんかったけど。

おまけに写真もスランプだー。
もー撮れば撮るほど気に入らない。
しっくりこない。
つらいです、これは。
早めに今ある一本を現像に出してしまいたい。
原点に立ち返って、空を見に行こうかな。
2007.01.04 時の流れ


今日から仕事。
お休みはなんだかあっという間でした。

はー。
今日は、私の耳に悲しいニュースが2つとびこんできた。
自分のことでも、そう身近な人のことでもないのに、
えらくやられてしまったみたい。
今日1日気分が重い。
空気の重い場所にいたからかもしれない。
鈍感さをこういうときに発揮できたらいいのだけど。

年賀状ショックも襲来。
知らぬ間に赤ちゃんを産んじゃった人も居たり、
新しいことにチャレンジしてる人も居たり、
みんな自分の時計をちゃくちゃくと進めてて、
その流れに私はのってないなーと気づいて、
愕然としてしまった次第。
今年は第一次結婚ラッシュが来そうな匂いもぷんぷん。

お休みの間は、ずいぶん会っていない友達にも会った。
それこそ、高校卒業以来とか、4,5年ぶりとか。
良くも悪くも、あのころに戻ったみたいで、すごく新鮮だった。
みんな基本的には変わってなくって、
でも自分の人生を歩んでいて。

人のことは、気にしないでいい、と思うの。
でも、私何やってるんだろうなーって。
そして、関係を保つのに、何でこんな一生懸命になってるんだろう。
しかもぜんぜん報われない。
これって友達なんだろうか。

私は自分をおざなりにしてまで、
いったい、何にしがみつきたいんだろう。

むなしくなる。

でも、ひとつ嬉しいことがあった。

2007.01.01 ようこそ、2007年
Hello, 2007!

あけましたね。
今年もマイペースでやっていきます。
どうぞよろしくお願いします。

昨日の夜は、ジルベスターコンサートを観ながらカウントダウン。
今回は、エルガーの「威風堂々」だったのー。
すごく良かった。
いつ観ても、曲が終わった瞬間に年が明けることに感動する。

元旦は、朝ものんびり。
着替えて下に降りる。
お雑煮、おせち。
ひさしぶりにおばあちゃんちへ行く。
年下のいとこたちがやってきて、にぎやかだった。
なんだか今日はすごく疲れてて、
朝食べて寝て、夕方また寝てた。
なんでだろう。はてな。

今年の抱負みたいなものを考えた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。