--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.29 絶対幸せにしてよ


昨日の夜は、久しぶりに遅くまで騒いだ。
ホテルのベッドに倒れ込んだのは午前3時。
それからしばらく眠れなくて、眠りに就くころには朝が白々と明けていた。

ついについに、私のだいじな友達と、可愛い後輩が結婚。
出会いからずっとみてきた二人だから、昨日はとても感慨深くて。
彼女は、クールでかわいい見た目に反して、
情にもろく、ちょっとあまのじゃくで人間関係すこし不器用。
そういうとこが私と似ていると勝手に思って、私は同志みたいに感じてるから、
彼女が幸せのオーラを身に纏っているところを見るのは、本当に嬉しい。

パートナーの彼は、田舎育ちでジブリ好きの好青年。
温かい家族やたくさんの親戚に囲まれて育った優しい子だ。
たぶん本当に彼女を大事にしてくれて、彼女もこころを許して自然体で居られるようになったんだろう。
大好きなんだな、ということが伝わってくる。

つなぐ手と手、見つめる目と目がすごく自然で、
それは今まで私たちがみたことのなかった部分の二人だったから、
私は泣きたいくらいしあわせな気持ちになった。
そして胸がしめつけられたよ。

さらに幸せなサプライズ。
お腹にはふたりのベイビーが。
早く欲しいって言ってたもんね。
嬉しい、けどとても不思議な感じ。
愛おしむみたいに、お腹をさする姿にドキドキした。
二人には二人だけの歴史があって、
またこれからそれを刻んでいく。
二度とない、この日の二人をたくさん撮らせてもらえてほんとに良かった。

泣かせたりしたら許さんのだから。
二人にはずっとずっと幸せにいてほしい。

おめでとう。
スポンサーサイト
2008.06.15 ノワール(BlogPet)
きょうノワールは吸収しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ノワール」が書きました。
2008.06.15 守られたい願望
私が心から信頼してる人たちというのは、
私以外の人にも心底親身になってるだろうし、私だけが特別なんではないことはわかる。
逆に、私が大変だったときはちゃんと支えてくれたし、
もし万一これからそういう状況に見舞われたとしたら、力になってくれるだろうとは思う。

だけどなんなのかな、この気持ち。
守られたい、と思う。

でもさ、今わたしは不幸せでもなんでもないし、
大変なことに巻き込まれてるわけでもなく、
院にいるときや病気になったときに比べたら、思い煩っていることなんかほんの僅かで、
休みの日に会いたいと思える友達もいるし、
仕事上のことでものすごく困っているわけでもなく、
毎日帰る家があって、しかもちゃんと誰かが居てくれて、
写真を撮ったり、ライブに行ったり、ゴスペル始めたり、趣味を自由に楽しむことだってできるし、
恋人がいるわけじゃないから恋愛で心が揺れるわけでもない。

つまり、毎日安定している。
小さなことで怒ったり、不快感やちょっとした悲しさはあるものの、
とにかく毎日淡々となにもなく過ぎていってるような気がする。
それが不満なのかと言えばまったくそうではなく、
たぶん、少し怖いのだと思う。
特定の誰かを精神的に必要とせずにずっと年をかさねていってしまったら。
このままひとりで完結してしまったら。
今の私はとても穏やかで、こんなのたぶん久しぶりか、もしくは初めてだから、
不安になる。

たまには自分のことを守ってあげないといけない女の子って感じてみたいのだ。
語弊がある気がするけど。
いま、たぶん私は幸福なのだろう。
そしてとても幸運だと感じじている。
ありがたいことに。
2008.06.13 一青窈ライブ
行ってきました。
実はあまりちゃんと聴いたことがなくて、
ハナミズキの人、くらいの知識で行ったんだけど、
なんか感動しちまいました。

いろんな意味で、すごい人だな、と思った。
自分で考えて、物事や人に向き合って、自分のことばで伝えて、
当たり前のことだけど難しいことを、丁寧にやって生きているなぁと。

一青さんは、なんで歌をうたうのか。
ライブの間中、それが聞きたいとずっと思っていたら、最後のほうで教えてくれた。
「伝えたいことがあるから」
シンプル。
今伝えたいことを伝えたい人に伝えよう。

やはり表現者なのだな、アーティストなのだな、と思う。
生きていくことはきれいなことだけじゃなくて、悲しみや苦しみもあって、
それを、等身大に受け止めて、
そしてその経験を通じて感じたことや考えたこと、
それを、自分のことばで伝えること。

しっかりと自分で歩いてる人の表現は、強い。
特に今日は「ハナミズキ」を聴いたとき、
何か目に見えないものがどわっと押し寄せてきてびっくりした。
楽曲自体がすごい力をもってる。
だからあれほど、受け入れられたのだろう。
多くの人に愛される理由は必ず存在するんだなと思った。

今日は心が震えるような「ハナミズキ」を聞けただけでも行ってよかった。
じわじわ染み込んだよ。
一青さんがいろいろ話してくれたこともよかった。
表現者としての一青さんを尊敬する。
私も自分の信念をもって、写真を撮っていたいと思う。
2008.06.05 健全な魂は、健全な身体に宿る
ということばがあったかな、どうだったかな。
にしてもよくいったものだと思う。

2,3日前、急に高熱が出てからというもの、どうも調子が悪い。
食欲は全然ないし、今日は仕事行ったけど、しんどくて休みもらって早退した。
熱は下がってきたものの、まだ全身だるくて、ベッドに横たわってるのが一番楽な状態。
風邪の症状はほとんどないし、なんなんだろう、これ。
いつもは調子悪い5月を乗り切れたから、6月にツケがきたんだろうか。

身体が弱ってくると、気弱にもなってきて、
こんなんじゃーこれからやっていけるのかとか思ってしまう。
今の仕事のペースはほんとに考えられないくらいのんびりで、
周りの人も優しく見守っていてくれるし、
まだ慣れないだろうからと気を遣ってくれる。
だけど、こんなペースで何かが身につけられるのかとか、
いつまで経っても慣れないんじゃないだろうかとか、不安に思うことが最近けっこうある。
1年先輩のばりばりの姿を見て、内心はぁ、って思ってしまう。
私も一人前に仕事を回してもらえるようになるのかな。
つまり一言で言えば、焦っている。

たかだか2ヶ月でこんなこと思うのはおかしいのかなぁ。
考えてたらなんだか胃まで痛くなってきた。

「いい子でいようとしなくていいからね」
「こんなんで!とか思わずに、息長く続けようと思ったら、しっかり休んで」
経験豊富な年長者のことばが心に沁みる。

とりあえず今は、身体を治すことが先なんだろうな。
このだるさが早く取れてスッキリしたいよー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。