--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.31 2008年
20081231221308

今日の目覚めは、高校、大学と同級生だった男の子が出てきた夢からでした。
なんで今ごろ出て来るんだよー。。。
すごく気になるじゃない。
夢だとしても、あんな目で見つめられて、抱きしめられたら。
高校では一度クラスが同じになったんだけど、あまりかかわりがなくて、
大学では構内で会ったら話す、くらいで、
ちょうど数年前の大晦日に、へんてこなメールアドレスに変えましたっていうメールが来たという印象が強い。
だけど、たぶん、心のどこかで彼のことをいいなって思っていたんだろうなぁ。
3,4年前、友人のコンサートで可愛らしい彼女を連れていたとこに会ったのが最後だな。
ずっと不思議な人だったけど、今ごろ何してるんだろう。

ほんとうに、高校、大学時代の私の見る目のなさをのろいたい。
特に高校時代。
という、あまく切ない気持ちの大晦日です。
今日は、なんとなく紅白見てますー。ポニョと水谷豊が可愛すぎた。

さて、今年を振り返ってみましょうか。
Read more・・・
スポンサーサイト
2008.12.31 笑い納めの会


やー今年もやっぱりこのメンバーと合わなければ年が越せないということで(?)敢行。
高校を卒業して以来、長期休暇のたびにわりとコンスタントに会ってきた。
クラスはまったく違っても、同じ沿線で通った仲間は、
クラスメートよりも仲が良いと確実に言える。

みんなまったく異なる性格、仕事のためか、
会話がおもしろいことったら。
「すべらない話」よりもおもしろくて、今日は久しぶりに笑いころげてしまった。
特に恋愛話は盛り上がって、自虐的なネタであれ、ひとりにつき一つや二つは披露できるのが素晴らしいところ。
そして「今年あったいやなことはもう今日で全部忘れてしまおう」と笑い合う。
お酒も入ってないのにね。
最高じゃろ。

きーんと冷え込む空気の中、次の再会を約束して別れた。
今日はよく眠れそう。おやすみ。
2008.12.30 あの頃を忘れない


彼女が歌う「やさしい気持ち」に久しぶりにcharaをききたくなった夜。
大学時代の大半を共に過ごした友達から誘いがあった。
ずいぶん連絡をとってなくて、会うのは一年ぶりくらい。
一時期、私も大変な時期だったり、彼女も彼女で痛々しいくらいのときもあって、気まずかったこともあるけど、
今日は昔みたいに車の助手席に彼女を乗せて、しゃべったりカフェで晩ご飯食べたりカラオケまで行ってはしゃいだり(!)した。

ほんと、昔みたいに笑いあえて少しほっとした。
のは私だけなのかなと彼女と別れてからふと思った。
私はすごく楽しかったけど、
彼女は無理をしてしんどかったのではないのだろうか。
でもその無理は私と彼女のこのひとときのためを思ってのことだと思うと、
それは愛だし、身につけたひとつの処世術だと感じた。

忙しすぎて病気になるかと思った、と笑う彼女は、
痛々しいまでに何かを信じて思い詰めていたあのときよりも、
ずっとずっと健康的だと思った。
それが私の勘違いじゃないと思いたい。

「サクラ色」を歌う彼女の澄んだ歌声にじーんときた。
「恋しくて 目を閉じれば あの頃のふたりがいる
サクラ色のあなたを忘れない ずっと ずっと ずっと」
お互い、あの頃とは周りの景色はすっかり変わってしまったけど、
思い出はいつまでも共有できるし、
あの頃の信じあえた気持ちのままで、ふたりの時間を過ごせたらいいな、と思う。
かけがえのない時間を過ごせる数少ない友人のひとりなのだから。
2008.12.28 ふぁぁぁ


満ち足りた、というときに出るため息を今夜はつきたくなった。
年末恒例、母校の定期演奏会に行ってきた。
何だかんだ言って毎年のように行ってる気がする。
今年は、職場で一緒に働いている人の娘さんが出演することもあって、余計身が入った。
何度か会ったけど、本当に素直で可愛い子。
こんな子が後輩だなんて嬉しすぎる。

彼女だけじゃなくて、みんながすごく一生懸命で、
何度も涙が出そうになった。
高校生のひたむきさ、ピュアさは時代が変わっても健在で、
触れるたびにじーんと切ないような温かい気持ちにさせられる。

今夜は合唱部からもうやられた。
テーマは「信」。
若さに溢れてまっすぐに澄み切ったあの歌声で、あの選曲。
浄化された。魂が洗われた、ということばがぴったり。
そして、愛しくてたまらない気持ちになった。
母校に戻って指揮をする同級生の姿を見て、彼女はいつもこんな思いなのだろうと、わかったような気がした。

吹奏楽部はとにかく楽しい!
やっぱり私は吹奏楽が大好きだ。
あの音色を聴くとわくわくして仕方ない。
人数が多くて音も厚みがあって、なんと言ってもブラスト並みのパフォーマンスがかっこいい。
管はもちろん、端の方でマリンバを叩きながら踊り狂っていた打楽器の男の子、最高だった!
命を燃やす、とはこういうことなのだね。
端っこで地味に弦バスをくるくる回してた女の子たちもつぼだった。
おっとりした娘さんもトランペットでめちゃかっこよかったなぁ。
メドレーの構成もめりはりがあって良かった。
あの真夏の果実は泣いてしまうでよ。
定番のエルクンはみんなの気持ちがそのまま曲にのってて、
ブラボーって叫んじゃったよ。

フィナーレの全員での校歌アカペラも、感動的で。
400人くらいの歌声がホール全体に染み渡っていった。
ユニゾン→四部→アドリブ入り。
素晴らしい校歌だったんだな、と再認識した。
一緒に行った先輩は文化祭も一緒に行ったけど、すっかりファンになったみたいだ。
やり直せるなら、絶対この高校行くって。
「いい学校を卒業できましたね」
本当にそう思う。

私、来年は決めてるんだ。
目標に向かって努力することを。
今日やっぱりそれが間違いじゃなさそうなことに気付いた。
元気とパワーをもらったよ。
いいもの見せてくれて、ありがとね。
2008.12.26 気分にメールしなかった(BlogPet)
きのうbettieと、気分にメールしなかった?

*このエントリは、ブログペットの「ノワール」が書きました。
2008.12.04 眠るのがもったいないような夜(BlogPet)
bettieの「眠るのがもったいないような夜」のまねしてかいてみるね

懐かしい仲間にもたくさん撮れた!

*このエントリは、ブログペットの「ノワール」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。