--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.24 風
kaze.jpg


こんな日は 風がないから 風になろう


上は、伊藤園「お~いお茶」の第十六回新俳句大賞に選ばれた、
17歳(当時)、片山春奈さんの作品です。

実はこの作品を目にしたのは、昨年の初夏あたり、
地元紙に取り上げられたときです。
片山さんの通っている高校が私の母校だったので、
「なんだなんだ?」と思いながら記事を読みました。

一瞬で心に入ってきたんです。この言葉たち。
すごく瑞々しくて、気持ちいい風が吹いてきた。
今もよく思い出しています。
たぶん、ちょうど行き詰っていたころに読んだからかなぁ。
私も風になれそうで、勇気付けられる。

さらに素敵なのが、片山さんのことば。

17歳という年齢になり、「自分はこれからどうしたいのか、どうなりたいのか」を私なりに真剣に考えていました。その結論としては、いつも風任せで受身の姿勢ばかりではなく、良い風が吹かないときには自分から良い風を起こして、春風のように皆を心地よく、幸せにするようなそんな人になりたいという思いをこめた俳句です。


昨日のエントリのコメント欄(<コムギさんに感謝^^)を読んで、
この俳句を紹介しようと思い立ちました。
みんなに知って欲しい。
素敵なんだもん。

私も風のように軽やかに、リズミカルに、
ふと心地よい爽やかな気持ちを届けられるようになりたい。
それには自分自身の風通し、良くしよう。
自分が幸せだったら、人にも届けたくなるはずだから。

この俳句は私の目標!!
また、思い出して元気をもらいます。
毎日生活してると、やっぱりどうしても、
嫌なこと、腹立たしいこと、イラっとすること、悲しくなること、寂しくなること、
傷つけられたこと、勝手に傷つくこと、傷つけること、
どうにもなりそうにない閉塞感、心配、不安、孤独、
そんなことを感じることはある。
それはもちろん悪いことじゃない。

だけど、
何もかもを吹き飛ばしてくれそうな風。
ひとりよがりになりそうなところに、穴を開けて新鮮さを運んでくれる風。
くすんでしまった心をさりげなく爽やかに慰めてくれる風。

私は、

そんな風になろう。風になりたい。

天国じゃなくても
楽園じゃなくても
あなたに会えたしあわせ
感じて 
風になりたい

この曲も大好きなんだな。

Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/185-685eefca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。