--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.26 スウィート・ポテト
2006_0126(003).jpg

やっとできた・・・。
ぜぇぜぇ。
所要時間4時間半のスウィート・ポテト。
お菓子作ったのは本当に久しぶりで、要領を得ないことこの上ない・・・。
しかもーなんとー!さつまいも1.4kg使用。
あまりの量に裏ごしが大変で、生地が手につきまくってべとべとになるし、
最後のほうは発狂そうになりました(笑)
見かねた妹が卵黄塗るのを手伝ってくれました。
おかげで美味しくできました。
こないだ退院祝いをしてくれた職場の人や、お世話になってる人に、
おすそわけです。

作り方は、
きみママさんのお菓子のレシピ(現在お休み中)を参考にさせていただきました~。
ありがとうございます。
おいしそうなレシピがずら~り
じゅるじゅる。

今回は量が多かったり、作り方をアレンジさせてもらったので、
分量と作り方をメモメモ。
スウィート・ポテト

●材料(約40個分)
 ・さつまいものペースト
   さつまいも・・・1400g
   砂糖・・・200g
   生クリーム・・・80cc
   卵黄(L玉)・・・4個分
   バニラエッセンス・・・少々
   ブランデー・・・少々
   バター・・・120g
 ・仕上げ
   卵黄・・・2個分
   塩・・・少々

●作り方
1. さつまいもを適度な大きさに切って、約30分くらい蒸す。
2. さつまいもが柔らかくなったら、熱いうちに皮を剥き、ほぐす。
   *やけどに注意!
3. 2.に砂糖、生クリーム、卵黄、バニラエッセンス、ブランデーを入れ、
  よく混ぜてペースト状に。
4. 3.をわっせわっせと裏ごし。
5. 4.に溶かしバターを入れ、さらに混ぜる。
6. 5.を適度な大きさに分けて、好きなように成形し、
  卵黄に塩を混ぜたものをハケで表面に塗る。
6. オーブンを220度で予熱。
7. 予熱完了したら、220度で約15分焼く。
8. 表面に焦げ目がうっすらついたらできあがり。

●教訓
・蒸すときは、火を消してからしばし蒸らすとよりいっそう柔らかに。
・バターはレンジなどで溶かしてから入れると、混ぜやすい。
・温度は220度くらいにしないと、焦げ目がつきにくいかも。
 温度高めで短時間焼く方が見た目もきれいに、美味しくできそうです。
・初心者(<私)は、成形のとき絞り袋を使おうと思わないこと。
 手で無造作に作ったほうが、素朴な感じでよっぽどおいしそうに見える。
・粗熱が取れてから動かさないと、崩れてしまう。

いやーでもこんなに時間がかかるとは。
慣れないことをしたなぁ^^;
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/188-0eb4dfde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。