--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.07 決心
しました。
4月からのバイトのこと。
こないだの金曜、何度目かの保留にしてもらってから、
今日は最終結論を出す日でした。

単刀直入に言うと、新しい仕事をやることに立候補しました。

でも、他にも外部からの志望者がいるので、私になるかどうかはわからないけど。

午前中、上司にお茶を出しに行ったら、
どんなんでー?と聞かれたから、
こないだ違う上司に面接してもらって気持ちが揺れたことを正直に話しました。

そしたら、
「あんたは失敗が怖いんかなー?
前から言よるじゃろー、いっぱい失敗すればいいんじゃって」
って言ってくれた。
私は、失敗も怖いけど、新しい仕事に適応できるか(<つまり自分に向いているかどうか)
わからないから怖い。
って言ったら、
「合ってなかったらやめりゃええんじゃ。簡単なことじゃないですか」
と言われました。
この上司には全て見透かされてたみたい。
その言葉を聞いたら、苦しかった胸がすっと楽になった。

私は人のことを気にし過ぎていて、自分で自分を追い詰めていた。
一回やるって言ったら、途中で投げ出すことは許されないような気がしてた。
責任を過剰に感じてた。
よく考えるとそんなことないし、
ここでも何回も自分に言い聞かせたはずなのに、
上司のその言葉を聞いて安心したかったのかもしれない。
ずるいのかな、私。

「あんたはそういう運命なんよ」だって。
「まわり道して迷いながら自分の道を見つけるんよ。」って。
だからいろいろ試してみたら?みたいな。
だめだったら次!恋愛もそうじゃねーか、って(笑)
「あんたのことをいいって言ってくれる人は必ず見つかる。
あんたのことを欲しがるところは必ずある。」
また少し泣けた。
ほんま泣いてばっかりですな。

最後に「今日は選考に加えてもらうよう言おうと思ってます」と言ったら、
「そうか」ってうれしそうな顔をしてくれた。(<たぶん)

お昼過ぎに、こないだ面接してくれた上司に呼ばれて、
「Yes か Noどっち?」って聞かれました(笑)
<超忙しかったらしい^^;
「Yesです」とシンプルに答えました。
他の上司と相談して決めるから、今度結果は伝えます、と。
上司の表情は読み取れなかったけど、どうなんだろー?

決めてしまうとなんかとても気持ちが楽になった。
どちらに転んでも、いいや。
私は私のハッピーな道を見つけてみせる。
とっても素敵な上司に2人も出会えて幸せです。
この3月で転勤しちゃう可能性が高いけど・・・。
また一緒に働くことができる日を夢見て。
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/202-57a6dbb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。