--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.11 音風 otokaze




幻想庭園に行ってきました。
これが予想以上に良かった。
ライトアップされた園内。昼間とはまったく違う表情を見せる。
写真でわかるかな、曲水に青や緑の発光ダイオードを浮かべてて、
水が揺らめくたびに、それにあわせてぼわんとした光が揺れる。

ちょうど満月の夜。
あたたかい光。
虫の声。
昼間の暑さがうそのように、涼しい。
仄かな暗闇は、人を妙に親しげにさせる。

目的は、ステージだったのです。
はりきった友達は一番前にじんどってくれました。
やなわらばー中(あたり)孝介さんが聴きたくて。
夜にやさしくとけいっていくような歌の風。
すごくいい気分だった。
贅沢だなぁ。

やなわらばーはほんっと可愛いの。
石垣島出身の2人の女の子のユニット。
2人のハーモニーがめっちゃ心地よい。美しいの。
三線やオカリナや、ギターやハーモニカも良かった。
目を閉じると、どっか違うところにいるようだったよ。

中孝介さんは、まっすぐなうたを歌う人。
透明感。
箱の中なんかにおさまらないパワー。
まだタイトルのついてない新曲も披露してくださって、すごく感激でした。
素朴で、それにかっこいいんだ。
それはまさに私のタイプど真ん中だ(笑)
終わってから握手してもらいに行った。
その手はがっしりとしていて、あたたかだった。

二組とも、故郷への思いと、夢への思いがたくさん感じられて、
強いな、って思った。
やなわらばー中さんも、日記でこの日のことを書いてくれてたからうれしかった。
私もここが好きだ。
故郷があるからこそ、飛び出せる。

「ずっと忘れんよ、この夜を」
友達が言った。
ほんとう?
すてきな夜をありがとう。
つつがなく、日々を送ろう。
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/349-928570c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。