--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.30 山崎まさよし HAND MY ADDRESS 2006
おととい、山崎まさよしさんのライブに行ってきました。
席は1階後方だし、初参加だし、実は知らない曲も一部あったのだけど、
もう、めちゃくちゃ楽しかったー!!!
思い出してはにやにや。まだ夢心地です。

まさやん、かっこいいしおもしろいし、最高に素敵でした。
たぶん私は、トークをするまさやんを見たのが初めてで、
ゆるくてとぼけた感じで、でもノリつっこみもしてて、
こんなにおもしろい人なのかと思いました。
「かっかっかっか」って笑うイメージ(笑)

歌はもちろん本当にすごく素敵で、しびれました。
この人たちは、すごいって思った。
ギターを弾いて、歌をうたうことが本当に楽しくてたまらない!
って感じがまさやんからすごく伝わってきて、私も嬉しくてたまらんかったです。
客席もかなり盛り上がってて、まさやんも客席との会話のキャッチボールを結構してくれて、
おおっとびっくりしたり楽しかったり。

まさやんたち3人のおかげですごく楽しい夜でした。
CDとは違うアレンジにアドリブにおしゃべりに生の演奏。
そして、心地よい一体感。
なんだか私は、みんなが熱狂している、あのエネルギーが好きだ、ということに気づいた。
本当に生き物みたい。堪能しました。

いろいろめちゃくちゃでおぼろげながら、以下、細かい感想など。
な、ながい…。

セットは、どうやらお部屋のよう。
あとで言ってましたが、まさやんが引っ越してきた部屋という設定で、
楽器たちのほかに、本棚や窓もあるし、テーブルや座り心地よさそうなソファーも。

最初は3人のかっこいいハーモニーから。
「NAVEL」のアップテンポ感が心地よくて。
ライブの始まりにぴったりだなぁと思った。
「陽気なゴースト」はあのトロンボーンをキタローさんが口で。
上手でした。ほんとにトロンボーンかと思った。
献上された本物のトロンボーンは一発で出番終了(笑)

登場のとき、まさやんがスタスタと歩いて出てくるのを見て、
ん?なんか頭がぼわっとしてると思っていたら、
まさやんの天然パーマの髪の毛がやんちゃだった模様。
トークでは、「蒸します。朝から。今日は髪の毛のことは諦めました。もうダメです」とのこと(笑)
会場からだいじょうぶーなどと声がとぶけど、
「慰めないでください(笑)」とまさやんぼそっとつぶやく。
4曲くらい終わってピアノに移動して話をしていて、
脈絡なく発せられた「昨日何してた?」との客席の問いには、
「今の話とは何も関係がない」とかつっこみながらも、
昨日はお店で肉を頼みすぎて食べ切れなかったと話してくれた。
ガーリックステーキを残しちゃってお店の人ごめんなさい、
今日は前列の人にはにんにく臭いかも…と言う。
そして「嗅ぎたーい、そんなことはない」と少し照れつつ?言う。
すかさず客席の女の子が「嗅ぎたーい!!」と叫ぶと、
まさやんは「娘が『嗅ぎたい』とか言うんじゃない!お父さんとお母さんが心配する(笑)」と言って、笑わせてました。
みんなしばらく爆笑。

まさやんはそのあと切り替え。
しっとりと「8月のクリスマス」をピアノ弾き語りで。
美しいメロディーとまさやんの歌声と優しいピアノの音が交じり合って、
とろけそうになりました。
何色っていうのかな、長さも短いし、すごく変わったピアノでした。
なんていうピアノなんだろう??

このあとすぐに「ピンポーン」とチャイムがなり、びびる私(笑)
そしたら、2人が入ってきて。
片手に名物の箱入りの桃やらきび団子やらままかりやらもって(笑)
「猫がいるぞ」と言ってままかりを前列のお客さんににあげてるのが笑けた。
みんなすごいのね、「犬がいるぞ」って言われたら「わんっ」って鳴くし、
「きりんがいる」と言われたら、「きりーん!」と叫ぶ人あり(笑)

「未完成」は大好きな曲だから聴けて嬉しかったー。
その次の「ADDRESS」もね。
新緑がそよぐ映像が流れて、気持ちよかった。
ちょっと泣きそうになった。

どの曲かはちょっと忘れちゃったんだけど、
ざざーっざざーっと波の音を出す楽器から始まって、
マリンっぽい?軽快な感じのアレンジの曲があって、素敵でした。
首に浮き輪をかけられて、泳ぐまねをするまさやん。

「全部、君だった。」が終わって、
「なんか男ばっかりでさびいしいなぁ…パーティしようぜ!」
とか言って盛り上がる3人。
そしたら、ゲンさんとキタローさんが客席に下りてきて、
何人かのお客さんをステージへ誘導。
知らなかったからびっくりしちゃった!
女の子2組と「弁護士」の男性が選ばれてて、
「いいなーいいなー」の声が。もちろん私も(笑)
そんな中で始まった「中華料理」はほんと楽しくって。
すごいよね、まさやんのギターと歌があんな至近距離で聴けるなんて。
夢心地だろうな。
曲の間中、キタローさん(かな?)がポラで写真を撮りまくる。
うあーあのポラ欲しいぜぇ。
男性は本当に弁護士さんだったみたいで、まさやんが驚いていました。
「本当です。弁護士のくずです。」と言っていました(笑)

「道化者のチャーリー」は歌詞を意識しながら聴いたのは初めてで。
まさやんの声にも魂がこめられているからか、すごく心に響いてきた。
そのあとは女装した「ゲン子」さんと「チャーリー」(まさやん)のやりとり。
まさやんの「パンを焼くー!!」で客席総立ちになりました。
ライブでは定番なのね、実は知らなくて、
友達と「え?なになに?」と軽くうろたえる(笑)
私らは雰囲気に呑まれて盛り上がりました。<おい。
まさやんの早口言葉すごい!
ぜんぜんついていけれんかった^^;;
次は「Fat Mama」だし、会場はどんどんヒートアップ。
「アンジェラ」にはなんか圧倒されて、ぼーっとなってしまった。
「晴男」は大好きな曲のひとつ。
歌いだしがたまらなく好き。
途中でまさやんが「おめぇに食わせるきび団子はねぇ!!」と言って、
会場、両手たたいてバカうけしてました。
「けっこううけた♪」と喜んでいる姿がまたかわいい。
最後のラーラーラーラーはみんなで合唱。
この中で、順に3人が舞台から去っていく。
誰もいない舞台に向かって、歌い続ける客席。
素敵な瞬間だったよ。

そこからアンコールになだれこむ。
ラーラーラーラーから「セロリ」のイントロにもってっちゃうさまに、
すごいと思いました。
「セロリ」嬉しかったなぁ。
サビの部分でみんなで手を左右に振るところ、
後ろのほうから見てると、黄色いライトに照らされて波のようで、
ものすごくきれいだった。
「月明かりに照らされて」も聴けると思ってなくて、嬉しかった。
知らず知らずのうちにいっしょに口ずさんじゃった。
最後の曲は「バス停」って曲紹介がありました。
しみこんでいった。
ああ、終わって欲しくないな、と思った。

最後の最後、「ありがとうございました。山崎まさよしでした。」
ってまさやんが言うのを聞いて、
この言葉を聞けて良かった、となんとなくだけど強く感じた。
深々とお辞儀をして去っていくまさやん。
こちらこそ、この夜の仲間に加えてもらって、ありがとうございました。
と言いたくなった。
また来てね。また行くからね。
あーライブDVD発売にならないかなぁ。

ほかのブログさんを参考にさせてもらって、記憶を呼び起こしたのですが、
6曲目がわからんかったんです。
なんていう曲だったんだろう。

1.NAVEL
2.陽気なゴースト
3.long yesterday
4.メヌエット
5.十六夜
6.
7.8月のクリスマス
8.未完成
9.ADDRESS
10.ビー玉望遠鏡
11.全部、君だった。
12.中華料理
13.道化者のチャーリー
14.パンを焼く
15.Fat Mama
16.長男
17.アンジェラ
18.晴男
―アンコール
19.セロリ
20.月明かりに照らされて
21.バス停
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/359-8eb3a9fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。