--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.21 再生
今日ものんびりまったりー過ごしてしまった。がぁぁー。
まぁいいか。

昨日の夜寝る前に読んだ本が良くって、なんか嬉しかった。
王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法
よしもとばなな (2004/01/30)
新潮社

この商品の詳細を見る

私はこの本好きー。
ばななさんは、敏感になってる人や弱ってる人、ちょっと人より不器用な人にあててこの本を書いたんじゃなかろうかと思う。
だから、再生に向けて準備している今の私にしっくり馴染むのかなーと。
登場人物が、みな孤独で優しい。それぞれが必要な役割をしてる。
ばななさんの小説は、いつも薬みたいなの。
しかも、自然から作られていて、バランスを調えるような。
これにもメッセージというか、大事なことがたくさんつまってて、
何度もはっとした。
すごく印象的だったのは、
「自分以外のものになんて、一生なれるわけないんです。自分を極めていくしかないんです。」
ってことば。当たり前なようなんだけど、ね。
普通であろうなんて思う必要なんてないのだ。

天国はまだ遠く 天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ (2004/06/23)
新潮社

この商品の詳細を見る

瀬尾まいこさんを読むのは、これでまだ2作目。
主人公が自殺を決意したにしては、なんだかのんきだけど、
あのふっきれ感、というのはリアルかも、と思った。
これも、再生への物語、という印象。
そのプロセスにすごい共感してしまった。
好きなタイプの本だなー。ひといきに読めました。

「幸福な食卓」がいつ行っても図書館になくて。
これから映画公開だからますます借りれないだろうなー。
映画観に行きたいです。
「マリー・アントワネット」はぜひ観たい。
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/431-5c607615
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。