--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.28 生協の白石さん
今日「特ダネ!」で紹介されてたみたいです。
早速探してみました。
コチラ☆

いろいろなメディアで取り上げられたり、今度単行本も出たりするみたいなので、
かなり巷では有名な方なんですよね?

今日初めて知って、ブログを拝見しましたが、
真面目で誠実さが伝わってくるような、それでいて力の抜けた感じが好き。
なんだかほっこりとした気持ちになりました。
それに白石さん切り返しがとってもお上手です。

私が通ってた大学生協にもこんなのあるんですよー。
結構どこの大学生協でもやってるんですか?
うちのは「一言カード」だったような。
生協に関する要望や意見を紙に書いて投稿したら、生協の人がお返事を書いて張り出してくれます。
生協とはまったく関係ないことやどうでもいいことでも、真面目に答えてくれるので、
投稿はしたことないけど、見るのは好きでした。

ミステリアスなままでがんばってほしいです。白石さん。

今日は、(いきなり今日の日記)
部屋の片づけをして、ネットを徘徊し、ピアノを練習して、かてきょに行きました。

かてきょの子はもう長くて今年4年目です。
現在は花の女子高生ですが、
最近、「毎日楽しいんだけど、何もない」と嘆いております。
何か物足りないようで、それが何かと訊いても「分からない」そうです。
勉強は分からないなりに、最近のテストでは今までにない上位でしたし、
学校も楽しくて、人間関係で悩んでるわけでもないみたいだし。
訳もなくもやもやしてる感じでしょうか。
もうすぐSweet Seventeenだし。
確かに興味があることややりたいことがないというのはどうもあるみたいだけど。
高校生のときってこんなんだっけな??
もうここ何ヶ月かこんな調子だから気になります。

かてきょから帰ったら、一つ下の後輩から電話がかかってました。
教員をやっている彼は、相当うっぷんがたまってたのか、
しゃべるしゃべるしゃべりまくる。
こんなにしゃべる子だったっけ!?と思うくらいよくしゃべる。
話を聞くと、戦場のようなクラスで、毎日がサバイバルというような感じ。
ちょっと今までよーやってこれたなーと思うくらい。
子どもが大人を大人と思ってない。
そんだけ言われりゃ腹が立って当然!
そこで真っ向から戦おうとしてる彼がすごい。
逃げたくない、子どもが許せないと言ってました。
たぶん子どもたちも彼が向かってくるのを期待してるんだろうと思ったり。
子どももありあまるエネルギーを発散し、先生も真っ向から応戦。
みたいな。
完全に巻き込まれちゃってますが。
それのおかげでホントぎりぎり(アウト?)のところで均衡が保たれてるというか。
エネルギーの表出の仕方は決していいとは言えなさそうですが。
ぐるぐるエンドレスで、これから先何か変わるかどうかは分からないけど、
彼は辞める覚悟でこのまま戦い続けるそうです。

熱いなーと思ったし、彼も自覚はあるみたいでした。
人を育てるってほんとに大変。
ましてや人の子。
けちょんけちょんにされてまで、「子どものためやー」って言えるのは、
良くも悪くもやっぱり彼は教員向きなのかな、と思いました。
私にはできん。
どこからどこまでを許容して、どこからを許容しないかっていうのも
きっちり自分の中にないと、子どもに見透かされる。
倫理観や道徳心を育てるのは大事なことだけど、
一方的な価値観の押し付けにならないようにせんといかんもんね。
その線引きはどうなるんだろう。

専門でないのでさっぱりわかりませんが、
教育はかなり興味のある分野です。
もっと国を挙げて教育にお金をかけて取り組んでくれればいいのになーと思います。
先生のメンタルヘルスも。

Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/47-75d0b527
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。