--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.03 涙の後は

あんなに余裕だったはずなのに、すでに1ヶ月の遅れ。
気づけば論文の仮提出まで1ヶ月。

「書けない!書けない!!」でずるずるここまで来てしまった。
全然進まないことでまた焦る。
焦るけど書けない。
書けなくて前に進めない。
そしてまた焦る。

試験があるから。
授業の発表準備があるから。
実習があるから。
先生が放置して指導してくれないから。
学会の準備があるから。
でももう、そんな甘ったれた理由をつけてる場合じゃない。
これまで先生は十分私のペースを尊重してくれた。
なだめすかしてひっぱっていってくれた。
今度は私ががんばる番。今がふんばりどきなのだ。
書けないんじゃない。書くしかない。
私は今できる精一杯のことをやるんだから。

ということに今日ようやく気づいた。

ここんとこ、ずっとため息ばっかりついていた。
先生も呆れちゃったよね。私、頭悪いのかな。
もしかして決定的にセンスがない?
それは今も不安に思ってる。
今日は、先生の態度や、自分の不甲斐なさに、悔しくて、悲しくて、
限界がきてた。
誰も見ていない車の中で、ひっそり泣こうかと思ったけど、
思い直して、友だちに電話をかけた。

思い切り、とまではいかなくても、
涙を流したら、不思議とすっきり気持ちが晴れた。

やってやろうじゃないのよ。
くそー見てろよ、先生。
絶対書き上げてみせる。
こんなとことはおさらばしてやる。

涙の後の決意は、にじまないんだからね。
どんな状況に置かれても、自分ができる最大のことをする。
修了という最大の目標に向かって。
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/518-472f48ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。