--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.02 Jazz Pianist 上原ひろみ
今日のトップ・ランナー
前から名前だけちらりと聞いたことがあったけど、
こんな人だったんだ~。

上原ひろみ。
26歳。

ピアノ弾いてるときは、音楽に入り込んでて、はじけるような笑顔。
あの細い体からは想像つかないくらい、激しく早く指が鍵盤の上をかけめぐる。
でも、話してるときは、落ち着いたアルトの声で、ふんわりした雰囲気。
考えながら、でも素直に、自分の言葉で、自分の度量で話す。

そのギャップにとても好感がもてました。
やってる曲は全部オリジナルらしい。
すごい。

私にはピアノしかないから
一生かかってピアノをきわめたい。
だから、落ち込んでるひまがあったら、行動する。

って堂々と言える、そこが素敵。
チャンスをしっかりものにして、ちゃんと必要な自己主張もしてる。
感じたこと考えてることを的確な言葉にするのが上手だな~って思った。

クリエイティブなことをしてる人の頭の中、ときどきのぞいてみたいって思います。
その感性、感受性とか、自分の中からあふれ出てくるものを、
ことばで、演奏で、作品で、何か他のもので、表すことのできる人って本当に尊敬する。
それにはもう人の想像をはるかに超えるようなたゆまぬ努力があったんだろうけど。

私はよくわからない。
自分のことをどうやって表現したらいいのか。

ピアノを弾く、音楽を発信する、表現することが嬉しくってたまらないって顔で、
上原ひろみさんは演奏してた。
きらきらしてました。
年は二つしか変わらないけど、なんだかすごく大人に見えました。
かっこよかった。

HPちらりと見ました。
Messageの文がすてきです。

N響アワー、今日こそはって思ってビデオ予約してたのに、
一時間間違えてたよー!!
ぎゃぼん。
シベリウスの交響曲第2番だったのにな・・・。
聴いてみたかったー。

10月16日の「芸術劇場」もおもしろそうなので、今度こそ予約がんばろ。
マーラーの千人交響曲と、亡き王女のためパヴァーヌ。
のだめ影響ですね。明らかに(笑)
まぁええんよ、きっかけはなんであれ。
と自分を納得させつつ。

Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/53-d142534a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。