--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.25 どきどきさせないで
久しぶりに会いに行った。

先生の私を見る目が優しくて、でも変わらなくて心地よい。
私が一生懸命論文の説明をしているのに、
先生はふははははと愉快そうに笑い出す。
「なに?」って聞いたら、
「変わってないねぇ。チャーミングだよね」と言ってまた笑われた。

口では「意味わからんー」と言ってみたけど、
相変わらず私をどきっとさせるのがうまいんだから。
そんなこと初めて言われたっつーの。
先生の前では飾らなくていいし、ほぼ素だから、
そう思ってくれたのはすごく嬉しいけど。

でも「あの子いいよ。いつも明るくて、可愛いよなー」とか言って、
私をかりかりしようともさせるし、なんなんだろう。
子どもかい。
そうかと思えば、「結婚式の後、知り合い居ないし、二人で飲みにいこうぜ」と冗談まがいに。
そんなの言われるの慣れてないんだけど、わかってる?
「早く誰かと結婚すればいいのに」とかセクハラまがいだけど、
先生が言うとそうは聞こえないのはそれまでの文脈があるから。
人徳ではない。
「先生がいいな」なーんて言えるわけないんだけど、言って困らせてやればよかった。
言ったところで困らないんだろうけど。

それでも、やっぱり頼りになるし、余裕があるし、話が合うし、
どきっとさせるし、包容力があるし。
なんなんだよー。
このいい男っぷりは。
おじさんはおじさんでも、こんな人が近くに居るから、困る。

「もっとがんばればよかったかな?今日?」と友達に言ったら、
「何考えてんの!?方向が違うでしょ?」と怒られた。

そうなのそうなの、わかっているのよ。
不毛なのよー。
このつかず離れずの距離が心地良いだけ。
自分のことが好きになれない私だけど、先生の前の私、好きなの。
同じことを思ったのは彼を好きだったときだなぁ。

自分がチャーミングでいられるような、そんな人を見つけなきゃね。
Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/601-b3d6bc22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。