--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.25 のだめカンタービレ Lesson80
Kiss21号発売。
バイト帰りの夕方に買いました。
家の近くのセブンでは、最後の一冊!
良かった~♪

ネタバレ注意!!

今回は、嵐の前の静けさというか、なんというか。
二ノ宮所長もご自身のHPの掲示板で書かれていましたが、「助走」だそうです。
これから何かが起こりそうな、そんな期待が膨らむ回でした。

千秋とのだめの日常が垣間見れておもしろかったです。
料理を作りながら電話をする千秋に(いや料理に)まとわりつくのだめ。
「こらっ」「はぅぅ」な二人が自然体で可愛かったvv

オクレール先生お久しぶりです。
ピアノを練習するターニャがいつになくめっちゃセクシー。
ムッシュー長田はいつも鋭いですね~感心しちゃいます。
むしろ千秋が分かりやすいのか!?
そして青緑日記(笑)
黒木くん、妙に共感を呼びます。なぜでしょう?
端的に言うと「これがトリオの落し穴!?」なんてとこが。
でも以前に比べるとだいぶ自己主張ができるようになってきてるような。
「そうだ・・・いい考えがある」ってくろきん何をたくらんでるんですかー!!

千秋は、やっぱり苦労人だなぁと(笑)
カローン・・・
大変なものを背負い込むのは、星のさだめなんでしょうか。
でもタダでは終わらないのが千秋様。
まんまとさせられたライブラリアンの仕事からも新たな発見。
マルレのライブラリーからは、シュトレーゼマン作曲の楽譜を発掘。
こういう千秋の音楽に対する情熱や愛情が感じられる場面が大好きデス。

ラストでコンマス登場。
のだめの癖が移ったかー!
千秋様「目そらし」ではったりかましちゃいましたよー。

オーディションといい、千秋vsコンマスといい、のだめの室内楽といい、黒木くんの青緑日記といい、
伏線がかなり張られていることでしょうから、これからの展開が相当楽しみです♪

28日はいよいよキャラブック☆
どうかどうか真一くんをお願いします。

ところで、今回の連載で、「ライブラリアン」という言葉を初めて知りました。
ちょろっとぐぐってみました。

広島交響楽団ライブラリアン北米留学記
東京交響楽団 スタッフ紹介

こんなお仕事の上にオケの演奏は成り立っていたんですね。。。
しゅごい。

Secret

TrackBackURL
→http://cocolone.blog21.fc2.com/tb.php/81-785ca97b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。